Memories Photo

旅行や記念日などで写真を撮るけれど、その残し方に困っているという方も多いのではないでしょうか。今回はそれらの方に対して、写真の残し方について紹介していきます。これを読んで、大切な写真をずっと大切に残していってくださいね。

アルバムでの写真の残し方について

撮影した写真をアルバムに残しておきたいという方もいるでしょう。ここではアルバムを使用した写真の残し方および、そのメリットやデメリットについて解説していきます。アルバムで写真を残したい方の参考になれば幸いです。

アルバムで写真を残してみよう

アルバムを作る楽しさは、ずばり「思い出を積み重ねていくこと」にあると思います。新しい写真を撮ったら、それをプリントしてアルバムの新しい場所に収納していく。若干手間はかかりますが、これは写真の持ち主…

アルバムで写真を残す場合のメリットとは?

写真をアルバムで残す場合には簡単に作ることができるので、手早く形にしたい場合に有効です。ポケットに入れたり台紙に挟んだりするなどいくつかのタイプがありますが、写真を現像しておけばすぐにでも作成する…

注意しよう!アルバムで写真を残す際のデメリット

アルバムで写真を残すメリットは、みんなが気軽にいつでも思い出を眺められる点です。リビングにアルバムを保管しておけば、訪れたお客さんや親戚の方々にも自然と家族の思い出を披露出来ます。一方で写真をアナ…

データでの写真の残し方について

データ媒体として写真を残す場合、色々なメリットと同時にデメリットもまた存在します。ここではデータでの写真の残し方とそのメリット、デメリットについて書いていきます。データで写真を残したい方はぜひ読んでみてくださいね。

データで写真を残す方法を知ろう!

プリントした写真はアルバムに入れて残すというのが常識です。しかし、今はデータ化して残すというやり方もあります。具体的にどうすればいいのかというと、プリントした写真であればスキャナを使うのが一般的で…

データで写真を残す場合のメリットは何?

写真をデジタルデータで保管するメリットですが、保管場所がほとんど不要な点が大きいです。アナログの写真だと、アルバムやフィルムの保管場所が必須です。両方ともデリケートな物なので専用の収納場所が要りま…

フォトブックはもうご存知ですか?

フォトブックとは、個人のスマホやデジタルカメラで撮った写真を、アルバムにしたものです。日ごろの日常から、特別な場所で撮った思い出の写真まで、スマホで撮ったものを手軽にアルバムにできるものです。

気を付けて!データで写真を残す際のデメリット

大容量の外付けHDDはややお高め

データで写真は保存すれば、数え切れないほどの枚数も難なく自宅で管理出来ます。紙媒体よりも画像データの方が扱いやすく、フラッシュメモリやSDカードや外付けHDDで保管出来ます。一方でそういった媒体は本体の容量によって、販売価格が変わります。容量が小さいSDカードやフラッシュメモリーは安価ですが、大量の画像データは保管出来ません。高画質な写真だと、いわゆる一回の旅行分で満タンになる恐れが高いです。外付けHDDは大量の写真を難なく保管出来ますが、販売価格はお高めです。安500GBから1TBの大容量を持つ媒体が自ずと必要となります。外付けHDDは基本的にパソコンとセットでなければ使いづらく、同時にパソコンも自宅に無いとスマホやデジカメで撮りためた写真を、快適に保管したり印刷し難いです。

データには突然消えるリスクがあります

アナログ状態の写真は光や湿気によって経年劣化していきます。データとして保存した写真は、文字通りデジタルデータですので時間経過によって、変色したり変形するリスクはありません。一方で画像データを保管する媒体自体は、半永久的に使える物ではありません。SDカードやフラッシュメモリーや外付けHDDは長期間にわたり安心して使える媒体ですが、突然何かの拍子で保存されていた情報が正常に呼び出せなくなる事があります。またそういった媒体が水没したり、激しい打撃を受けると保存されていた画像データが損傷します。媒体自体が経年劣化すると、急に動かくなったり、保存していたデータが一切見られなくなるのがデジタル保存のリスクです。