アルバムで写真を残してみよう - Memories Photo

アルバムで写真を残してみよう

アルバムで写真を残す楽しさ・メリット

アルバムを作る楽しさは、ずばり「思い出を積み重ねていくこと」にあると思います。新しい写真を撮ったら、それをプリントしてアルバムの新しい場所に収納していく。若干手間はかかりますが、これは写真の持ち主にしかできない作業です。特に楽しいのが、子どもやペットの成長を追いかけているとき。写真を収納するたび、だんだん大きくなっていくことがアルバムの中からも感じられます。前回収納した写真と見比べれば、その成長ぶりにはきっと驚かされることでしょう。またアルバムに収納された写真は、アルバムや写真そのものを捨てない(または紛失しない)限り、まず失われることはありません。パソコンやPCに保存された写真のように『機種変更したら見られなくなった!』という事態は起こらないのです。

アルバムの写真をきれいに長持ちさせるコツ

アルバムや収納している写真の大敵は、「湿気」と「紫外線」です。ジメジメした部屋や日光の当たる窓際などに置いていると、どちらも短期間で劣化してしまいます。きれいな状態を長く保つためには、湿気が少なく日光の当たらない場所に保管しておきましょう。またアルバムの上にホコリが積もるのは汚れやカビが発生する原因です。できればプラスチックなどのボックスを用意して、そこにアルバムを収納しておくようにしてください。これにプラスして保管場所に乾燥材を置いておけば、劣化対策はほぼ完璧。あとは湿気の少ない時期を狙って「虫干し」をするのがおすすめです。アルバムを開いた状態で日陰に置き、全てのページをめくって空気に触れさせましょう。